ロレックスのオーバーホールは知識のある職人へ|蘇る奇跡のWAZA

業者

ケアのタイミングを知る

時計

自身のステータスになるロレックスといったブランド品も、買って付けるだけではいけません。場合によっては動かなくなり、時と共に故障する可能性が出てきます。ロレックスのオーバーホールを専門的に行なう店舗も数多く点在していますから、質を維持させるため、積極的に活用する必要があるでしょう。しかし、どれくらいの頻度で行なうべきなのか検討が付かない人も非常に多く、結局オーバーホールをしないまま長年放置するケースもあります。高い費用を出して購入したからにはオーバーホールの必要性とタイミングをしっかり理解することを忘れずに、価値を維持させていく必要があります。

ロレックスのオーバーホールは、タイミングでいうと三年に一度といわれています。ただ、動かなくなるまで様子を見て良いといった考えもあるため、これが正しいタイミングかどうか定かではありません。さらに、ロレックスのオーバーホール依頼先も、高いメーカーがよいのかそれとも一般的な時計屋さんがよいのか疑問が立て続けに出てきますから、サイトでそれぞれの特徴を比較する必要が出てくるでしょう。そもそもロレックスのオーバーホールは、何故定期的に必要なのか、それは機械式の時計に隠されています。例えば、クォーツタイプだと、動く力に電池が必要です。この場合、電池を新しいものに取り替えることで時間を刻むことが出来ますが、機械式のロレックスだと、ゼンマイが稼働力になるため、定期的にオーバーホールをしないと動かなくなってしまいます。このタイプは、使い続けることで乾燥してきますし、部品部分が摩擦に耐えられなくなるため、その影響で防水加工能力も低下気味になってしまいます。この場合、時計屋といったレベルの高い知識を持つ専門家へ依頼をすることで、パーツの分解や、洗浄を丁寧に行なうことが出来ます。もちろん、組み立ても問題なく行えるため、最後まで手を抜かずにロレックスのオーバーホールが実現するでしょう。タイミングとしては三年に一度、特別不具合が見られないなら五年が妥当で何かしらの変化が見えたら、即刻オーバーホールをした方が無難だと言えます。